渋谷のバーチャルオフィスのメリット

バーチャルオフィスは、主に起業して事業を始める際、実際のオフィスは持たなくても住所や電話番号、FAX番号などをレンタルすることができるほか、郵便物の転送なども依頼できるサービスとして、大都市圏を中心に発展してきました。特に、ビジネス街の一等地の住所が、格安で自分のオフィスの住所になることから、営業活動に有利に働くとされています。なぜ、こういったサービスが好評を得ているかというと、起業仕立ての頃は、利益がほとんど出ていない状況ですから、オフィスに大きなコストをかけるにはリスクが大きいことから、利益が出るまでの間の当面の措置として重宝されてきたサービスです。当初は、会社登記ができない、法人銀行口座の開設が困難といったデメリットもありましたが、最近ではこういった問題も解消されたオフィスも多数ありますから、他にオフィスを借りないで事業を展開している会社もあるほどです。

渋谷のバーチャルオフィスが企業家に人気がある理由

企業家がこのサービスを利用する一番の理由は、コストをかけないで、ビジネス街の一等地に自分のオフィスを持てることです。特に、新規事業に対しては、顧客も慎重になりますが、ビジネス街にオフィスを所有していれば信頼度は格段にアップします。当初は、この住所を会社登記には使用できない、法人銀行口座が開設できないといったデメリットも指摘されていましたが、最近ではこういった課題が解消されたオフィスも数多く出ています。このような理由から、渋谷には大きな会社の支店、営業所が立ち並ぶ街ですから、非常に人気の高いスポットです。最近では、貸会議室を併設しているオフィスもあり、バーチャルとして使用しながら、定期的に社員が集まって、会議室を使用する楷書も少なくありません。その上、渋谷は交通の便が良いことからも非常にメリットの大きい地域だといえます。

渋谷でバーチャルオフィスを借りる際のポイント

利便性の高いオフィスを探すには、インターネットで候補を絞り込み、実際に立地条件を確認することが大切です。バーチャルには、いくつもの事業所が入居していますから、住所が重複することも少なくありませんが、万が一、自分が展開している事業とは、まったくジャンルの異なる事業所と重複することになります。また、オフィス周辺の環境も下調べが必要です。あまりにも治安が悪いようだと、貸事務所を借りたくても躊躇することになりますので、実際に見ておくことは重要です。また、最近のバーチャルオフィスに見られる、主な付加価値サービスとしては、FAXや電話の転送のほか、郵便物の転送、貸会議室、貸応接室がありますので、必要なものを利用することになりますが、利用料金については事前に確認しておくことが必要です。