渋谷のバーチャルオフィスについて解説します

バーチャルオフィスとは、実際のオフィススペースを借りるのとは違い、住所のみを借りるものです。遠方に住んでいたり自宅からお仕事をされる方が、登記や郵便物受け取りや電話代行の場所として利用します。オフィスはもちろん見学可能で、会議室など設備も整っています。実際のオフィスを借りるよりコストが安く済み、自宅の住所を知られることもありません。起業されたい方は、東京の渋谷にあるバーチャルオフィスを会社の住所にすることで、会社のイメージもグンと上がります。若者文化の発信地である渋谷は観光客も非常に多く、オフィスビルが立ち並ぶ駅周辺では、渋谷を拠点にITベンチャー企業を立ち上げ成功しています。渋谷は、これから事業を始めようとする起業家たちが注目している街なのです。

基本のオフィス業務を代行してくれます。

実際にオフィスに通わず住所だけ借りるバーチャルオフィスですが、サービスやサポートはしっかりしているので安心して借りることが出来ます。住所は駅から近く一等地のオフィス街にあるので、クライアントやお客様への印象も良くなります。実際にオフィスが存在するので、契約する前に必ずお部屋の見学をして確認し、その際には担当スタッフがサービスについて細かく説明してくれます。オフィスを借りた後は、住所の利用はもちろん、登記の登録もでき、郵便物の受け取り又は転送なども代行してくれます。プランによっては電話の代行や転送を始め、会議室やレンタルデスク、商談スペース、コピーなどのサービスを利用することもできます。月額からの低コストで、基本のオフィス業務を全て代行してもらえます。

万全のサポート体制なので安心して利用できる

バーチャルオフィスは、カスタマーサポートがしっかりしているので、借りた後で解らないことや困ったことが発生した場合でも、安心して相談することができます。これから起業するという方のために、起業に関する手続きの代行サービスを行ったり、税理士や会計士、行政書士などを紹介し経営に必要なサポートを行っている会社もあります。電話番号を借りることも可能で、オフィスでは担当の秘書が不意の来客に対応してくれ、電話の対応、メールでの連絡なども行ってくれます。料金は、住所利用などの基本オプションが付いた月額料金サービスから選べます。オプションは会社によって異なりますが、ご希望の方は電話代行などのサービスを有料で受けることができます。コストを削減しながら質の高いサービスを受け、信頼度の高い場所でオフィスを構えましょう。