バーチャルオフィスのメリット渋谷編

新規事業を立ち上げる際には、所在地を登記しなくてはなりませんが、クライアントからの信頼を勝ち取るためには、東京であれば渋谷など有名企業が立ち並び地域の住所が欲しいものです。しかしながら、いわゆる一等地にオフィスを構えるとなると、敷金や礼金だけでも高額な費用がかかる上、利益が出ていない状況で、毎月の賃貸料を支払わなければなりません。そこで、多くの起業家が利用しているのがバーチャルオフィスです。これは、オフィスビルの一室に郵便ボックスなどを設置し、その住所を企業に住所を貸し出すものです。サービスが始まった当初は、その住所が会社登記に使えないといったデメリットも指摘されていましたが、現在では会社登記が可能な住所を有するオフィスも多数、存在するようになりました。

バーチャルオフィスが注目を集めている理由とは

新しく事業を立ち上げる場合、会社登記、電話回線の開通、銀行口座の開設、社会保険及び雇用保険の申請といった手続きが必要となります。これらに必要な住所は、当然、オフィスのある場所の住所になりますが、新しい会社を広く信用してもらうためには、できる限り大手企業が軒を連ねる地域の住所であることが有効です。そこで登場したのが、わずかなスペースを貸し出すことにより、都内の一等地の住所が得られるサービスです。当初は、電話回線の開通、郵便物の転送くらいしか付加価値はありませんでしたが、ユーザーからのリクエストにより、渋谷では簡易な作業スペースの設置、ミーティングスペースやコミュニティスペースの貸出が可能なオフィスが数多くサービスを開始しており、レンタルオフィスと変わらない役割を担っています。

渋谷のバーチャルオフィスが注目される理由

渋谷はバーチャルオフィス利用者の間でも、特に人気が高い地域ですが、その理由は、年齢やジャンルを問わず、様々な企業が事業を展開していることであり、地名そのものにネームバリューがあることです。そもそも、一番の目的が、クライアントの信用を勝ち取ることですから、大きなポイントです。そのため、オフィス同士の競争が激しいため、他のオフィスに差をつけようと、次から次へと新しいサービスが付加されることも大きな魅力です。例えば、会社登記が可能となっただけでなく、銀行口座が作れたり、コミュニティスペースやミーティングルームの貸出といった、サービスの充実はユーザーにとっては非常に嬉しいことです。また、交通環境も良いので、社員が拠点として使用できるのも大きな魅力です。